Muted
    ライブ
    次は
    キャンセル
    ご覧になっているのは:
    arrow 言語: オフ
    ご覧になっているのは:

    トゥ・ザ・エンド・オブ・ザ・アース

    トゥ・ザ・エンド・オブ・ザ・アースは、化石燃料産業と、抽出エネルギーに使われる極端な方法によって引き起こされた破壊に意義を唱える環境活動との、拡大している戦いに焦点を当てています。

    映画制作者について

    デビッド・ラヴァレー

    デビッド・ラヴァレーは、カナダの石油中心地、アルバータ州で生まれ育ちました。 13歳の時に、街の近くで起こった油田掘削装置の爆発の余波で、もう少しで父親を失うところでした。 彼の最初のドキュメンタリー、ホワイト・ウォーター、ブラック・ゴールドは2007年に撮影されました。

    映画の要約

    オスカー受賞女優のエマ・トンプソンのナレーション、デビッド・ラヴァレーの監督による、この受賞環境ドキュメンタリーは、エネルギー産業の差し迫っている経済成長の崩壊と、究極のエネルギーの台頭に対する憂慮の戦いの最前線を追います。

    さらに見る

    抽出エネルギーの資源はすぐに減少し、抽出がもっとも難しく、コストがかかり、危険である資源を描写するときに使われる用語である「最高エネルギー」に対する需要は急上昇しています。 その地域で生活し、そこに依存している市民は荒廃に直面し、野生動物やエコシステムへの抽出法の有害な影響を心配していいる人々の抗議は、逮捕や、「エコ・テロリスト」と分類される目に合ってきました。 しかし、こういった破壊的な化石燃料抽出プロジェクトに対する草の根的抵抗は大きくなっています。 トゥ・ザ・エンド・オブ・ザ・アースは、よりクリーンなエネルギー資源への賢明な移行を力強く訴えます。

    放映 :
    ただ今放映中
    放映 :
    -
    :
    -
    時間
    :
    -
    :
    -
    アンコール再上映
    どこで観る
    放映 -   放映 今夜放送
    -
    :
    -
    時間
    :
    -
    :
    -
    日時が示されているのは:

    映画の情報

    タイトル: トゥ・ザ・エンド・オブ・ザ・アース
    映画の長さ: 60 分
    監督: デビッド・ラヴァレー
    制作: デビッド・ラヴァレー
    公式映画サイト: EndsOfEarthFilm.com
    公式ソーシャル・プロフィール:

    ドキュメンタリー・ショーケースからさらに

    ドキュメンタリー・ショーケースについて

    Scientologyネットワーク、ドキュメンタリー・ショーケースへようこそ

    Scientologyにとって重要な事は大規模な人道主義ミッションで、今や200ヵ国にまで及んでいます。 そこには人権のためのプログラム、人間の良識、読み書き能力、道徳性、薬物防止、災害救援活動が含まれています。

    この理由から、Scientologyネットワークは、より良い世界を築くというビジョンを擁護している自主映画制作者に機会を提供しています。

    フィルムあるいはドキュメンタリーを
    提出する

    Scientologyネットワークはフィルムとドキュメンタリーを受け付けています。