Muted
    ライブ
    次は
    キャンセル
    ご覧になっているのは:
    arrow 言語: オフ
    ご覧になっているのは:

    トゥ・ザ・エンド・オブ・ザ・アース

    映画制作者について

     デビッド・ラヴァレー

    デビッド・ラヴァレー

    デビッド・ラヴァレーは、カナダの石油中心地、アルバータ州で生まれ育ちました。 13歳の時に、街の近くで起こった油田掘削装置の爆発の余波で、もう少しで父親を失うところでした。 彼の最初のドキュメンタリー、ホワイト・ウォーター、ブラック・ゴールドは2007年に撮影されました。 映画は、ラヴァレーがハイキング・ガイドとして働いていたアサバスカ川の源流から、アサバスカ・タールサンドまでの「想像上の一滴の水の流れを追う」ことを試みました。 映画は数々の賞を受賞し、5つのテレビネットワークで放映されました。 タールサンドの化石燃料の開発が、彼の2番目の映画、トゥ・ザ・エンド・オブ・ザ・アース制作を感化しました。

    プレミア日:
    ただ今放映中
    西海岸プレミア
    -
    :
    -
    時間
    :
    -
    :
    -
    アンコール再上映
    どこで観る
    プレミア -   プレミア 今夜プレミア
    -
    :
    -
    時間
    :
    -
    :
    -
    日時が示されているのは:

    映画の情報

    タイトル: トゥ・ザ・エンド・オブ・ザ・アース
    映画の長さ: 60 分
    監督: デビッド・ラヴァレー
    制作: デビッド・ラヴァレー
    公式映画サイト: EndsOfEarthFilm.com
    公式ソーシャル・プロフィール:

    ドキュメンタリー・ショーケースからさらに

    ドキュメンタリー・ショーケースについて

    Scientologyネットワーク、ドキュメンタリー・ショーケースへようこそ

    Scientologyにとって重要な事は大規模な人道主義ミッションで、今や200ヵ国にまで及んでいます。 そこには人権のためのプログラム、人間の良識、読み書き能力、道徳性、薬物防止、災害救援活動が含まれています。

    この理由から、Scientologyネットワークは、より良い世界を築くというビジョンを擁護している自主映画制作者に機会を提供しています。

    Scientologyとは何ですか?

    Scientologyの要説小冊子を請求する