RealTime

Muted
    ライブ
    次は
    キャンセル
    ご覧になっているのは:
    arrow 言語: オフ
    ご覧になっているのは:

    ア・トューバ・トゥ・キューバ

    映画制作者について

     TG ヘリントン

    TG ヘリントン

    TG ヘリントンは、デヴィッド・フィンチャー、マイケル・ベイ・ミシェル・ゴンドリーといった監督のコマーシャルやミュージック・ビデオの編集からキャリアを開始しました。 そのポスト・プロダクションの経験から、ナイキ、バドワイザー、トヨタ、その他の世界ブランドのコマーシャルを撮影する監督の立場へと移って行きました。 2011年、監督と、頻繁に共同制作を行うサイモン・ウエストからの薦めで、TGは、ジェイソン・ステイサム主演のアクション映画「メカニック」の編集に参加しました。 長編映画業界で働いていた経験が、TGを初の物語演出へと導きました。それは受賞映画「ミスター・オクラ」で、サンダンスとカンヌ映画祭での公式選出となりました。 その後ヘリントンは、マシュー・マコノヒー主演の壮大な南北戦争を描いたドラマ、「ニュートン・ナイト自由の旗をかかげた男(Free State of Jones)」で総合プロデューサーへとギアを入れ替えました。 ヘリントンの最新フィルム、「ア・トューバ・トゥ・キューバ」は、ジャズのルーツを探して、プレザベーション・ホール・ジャズ・バンドをニューオーリンズからキューバへと連れて行きます。 2018年SXSWでワールドプレミアを果たし、その後、劇場上映されました。 ヘリントンは近年、ロックの象徴、ポール・マッカートニーによる「カム・オン・トゥ・ミー」のための連動ミュージック・ビデオを書き、監督しています。

     ナイセル・ヘリントン

    ナイセル・ヘリントン

    ナイセル・ヘリントンは制作に情熱を持っている映画制作者です。 彼女はクリエーションの種を蒔くところから、最後の配給の部分までブロジェクトを行うことを楽しんでいます。 彼女は、広範囲にわたるさまざまなコマーシャル・キャンペーン、ミュージック・ビデオ、ドキュメンタリーを制作しています。 彼女の著名作品はサンダンスとカンヌ映画祭での公式選出となった、ショートフィルム「ミスター・オクラ」を始め、SXSW映画祭の公式選出の長編ドキュメンタリー、「ア・トューバ・トゥ・キューバ」などがあります。 ふたつのプロジェクトは、彼女のニューオーリンズ文化への情熱を照らし出します。 ナイセルは、数多くの賞を受賞したミュージック・ビデオ「ドント・タッチ・マイ・ヘアー」と「クレーンズ・イン・ザ・スカイ」で総合プロデューサーとしてソランジュ・ノウルズとも活動しました。 最近では、ナイセルは伝説のポール・マッカートニーの「カム・オン・トゥ・ミー」の3本のミュージック・ビデオを制作しました。 ナイセルはNom de Guerre Filmsの開発部長を務め、素晴らしいプロジェクトを創り出し、開発するために人々をひとつにするという情熱を追い続けています。

    放映 :
    ただ今放映中
    放映 :
    -
    :
    -
    時間
    :
    -
    :
    -
    アンコール再上映
    どこで観る
    放映 -   放映 今夜放送
    -
    :
    -
    時間
    :
    -
    :
    -
    日時が示されているのは:

    映画の情報

    タイトル: ア・トューバ・トゥ・キューバ
    映画の長さ: 90 分
    監督: TG ヘリントン
    制作: ナイセル・ヘリントン
    公式映画サイト: ATubaToCuba.com
    公式ソーシャル・プロフィール:

    ドキュメンタリー・ショーケースからさらに

    ドキュメンタリー・ショーケースについて

    Scientologyネットワーク、ドキュメンタリー・ショーケースへようこそ

    Scientologyにとって重要な事は大規模な人道主義ミッションで、今や200ヵ国にまで及んでいます。 そこには人権のためのプログラム、人間の良識、読み書き能力、道徳性、薬物防止、災害救援活動が含まれています。

    この理由から、Scientologyネットワークは、より良い世界を築くというビジョンを擁護している自主映画制作者に機会を提供しています。

    Scientologyとは何ですか?

    Scientologyの要説小冊子を請求する